日本ケベック学会(日本でのケベック・フランコフォニー等に関する学術研究・芸術文化交流を振興・推進する学会)の公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AJEQ会員の活動報告とお薦め情報:その2

AJEQ会員の活動報告とお薦め情報:その2 (8/20)

小畑精和(明治大学)
7月31日に出版された『フランス文化事典』(丸善出版)で、「カナダのフランス語文化」の項目を執筆しました。ご一読いただければ幸甚です。
AJEQの会員ではほかに伊達聖伸理事が「宗教」に関する9項目を、福田美雪会員が「プロテスタントの有名人」の項目を執筆しています。
詳細は以下のサイトを参照ください。
http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/france_bunka/
----------------------------------------------------------------
伊達聖伸(上智大学)
上で小畑会長が書かれているように、『フランス文化事典』(丸善出版、2012年)に、フランスの宗教にかかわる以下の9項目(プラス1コラム)を執筆させていただきました。
「宗教」「カトリック」「プロテスタント」「ユダヤ教」「イスラム」「イスラムのヴェール」「ライシテ」「村の司祭と小学校教師」「医療:宗教とライシテの視点から(コラム:国境なき医師団)」
ご覧いただけると幸いです。
-----------------------------------------------------------------
安田 敬(Dance Cafe)
ケベックから二人の有名なダンス・アーティストが9月末に来日。毎年横浜にて開催されている「大野一雄フェスティバル2012」で上演(後援:ケベック州政府在日事務所)。
本フェスティバルは、つねにダンスの歴史と文化に関心を寄せており、アーカイブ運営や若手アーティストを含めた多ジャンルのダンスを作品創作・発表。2004年よりスタート、今回で9回目を迎えている。
http://www.bankart1929.com/news/pdf/ohnofes2012.pdf
1)ジョスリーヌ・モンプティ
グロトフスキー、エチエンヌ・ドゥクルーに師事。1980年代に来日、田中泯、土方巽、大野一雄の元で学ぶ。1986年モントリオールでJocelyne Montpetit Danseを設立。近作にFaune (2008), Nuit Nacht Notte (2009)。「病める舞姫」は2012年6月(立教大学/新座キャンパスにて)に上演した作品を再演。
2)ルーシー・グレゴワール
70年代にグループ・ヌーヴェル・エールに参加。1986年自身のカンパニーを設立、その後10余年をニューヨーク、フランス、日本で過ごす。自身のソロ作品、グループ作品、また振付作品など、30作以上を発表してきた。モントリオールのAgora 劇場で定期的に公演を行う。大野慶人とのデュオ作品「Eye」(2004)「Flower」(2009)「In Between」(2011)を創作。
両公演とも、横浜の BankART Studio で開催。
アクセス:http://www.bankart1929.com/access/index.html
詳細は以下の通り。
1)ジョスリーヌ・モンプティの公演
●振付・出演 : ジョスリーヌ・モンプティ 共同作品
2作品上演「La Danseuse Malade (病める舞姫)」、「病める舞姫(義太夫)」
1977年雑誌「新劇」に連載された土方巽の「病める舞姫」は、不可思議な言葉の力によって、ジャンルを超えて多くのアーティスを触発してきた。
*9月22日(土祝) 19:30開演
*入場料:前売 \2,500、当日 \3,000
2)ルーシー・グレゴワールの公演
●大野慶人&ルーシー・グレゴワール 「時の風」1作品上演
2004年よりケベックで3つの作品を共同制作した大野慶人とルーシー・グレゴワールのデュオとソロを本邦初公開。
*9月27日(木)19:30開演、9月28日(金)19:30開演 
*入場料:前売 \2,500、当日 \3,000
-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

AJEQ会員の活動報告とお薦め情報:その1

AJEQ会員の活動報告とお薦め情報:その1 (8/5)

小倉和子(立教大学):
日本カナダ文学会が30周年を迎え、その記念大会が開催されました。
記念シンポジウム1では、フランス語圏カナダ文学がとりあげられ、ケベック学会の
会員も参加して、アカディ、ケベックの「郷土小説」、生粋のケベコワ詩人、移民作
家などの作品を「移動と記憶」という視角から展望しました。
以下がプログラムの抜粋です。
「日本カナダ文学会30周年記念研究大会」
日時:2012年7月29日(日)10:00~17:30
場所:明治大学 駿河台キャンパス1093教室
30周年記念シンポジウム1
<移動と記憶:展望フランス語圏カナダ文学>
 司会 小倉和子(立教大学教授)
・『荷車のペラジー』における記憶と想像力 大矢タカヤス(東京学芸大学名誉教授)
・ケベック「郷土小説」にみる移動と記憶 小畑精和(明治大学教授)
・ジャック・ブローにおける内的流浪と記憶 真田桂子(阪南大学教授)
・ダニー・ラフェリエールにおける漂流と記憶 小倉和子(立教大学教授)
なお、大会全体のブログラムは以下を参照ください。
http://www.canadianlit.jp/events
---------------------------------------------------------------
伊達聖伸(上智大学):
2010年度から2011年度まで2年間、旭硝子財団より助成金をいただいて、ケベックの「倫理・宗教文化教育」について研究してきました。研究題目は、「現代ケベックの「インターカルチュラリズム」と「ライシテ」に見る新たな共生の理念-「倫理・宗教文化教育」の挑戦」というものでした。
その助成研究発表会が去る8月1日、東京のホテルグランドヒル市ヶ谷でありましたので、ご報告いたします。
(以下の「発表会スケジュール」5ページ目にある「人文・社会科学12件」の中の80番をご覧ください)
http://www.af-info.or.jp/blog/r-info/data/2012presentation.pdf
----------------------------------------------------------------
安田 敬(Dance Cafe):
ケベック州出身のクロード・ガニオン監督のカナダ・日本の合同作品「カラカラ」が第32回モントリオール国際映画祭にコンペテション出品が決定されました。
本作品は沖縄を舞台にした映画。カナダの青年(ガブリエル・アルカン)が沖縄を訪れ、現在の沖縄の人々と交流しその心情に触れるロード・ムービー。日本側の出演者は工藤夕貴。日本では来年の1月に公開予定。
クロード・ガニオン氏について:
『Keiko』(79)でデビューを飾って以来、カナダと日本を舞台に意欲作を発表し続けるクロード・ガニオン監督は、モントリオール世界映画祭において『ケニー』(87)がグランプリ、『KAMATAKI-窯焚-』(05)が監督賞を受賞。
以下のサイトも参照:
http://cinetri.jp/news/karakara_montreal/
---------------------------------------------------------------
プロフィール

AJEQ

Author:AJEQ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。